はちまき作成!

かぶやんが体育祭で使うハチマキを作ってくれと・・・(^_^)

それも

明日持っていくという・・・( ̄◇ ̄;)!!


急いで、布在庫見たら、ちょうど、晒しが規定分の2mあった!

偶然、和裁で、10センチ程を2m使ったあとだったので、そのまま2つに割って2本作った。

20150608005459aab.jpg

5センチ幅でミシンを走らせたんですが、めんどくさがりの私は、ちゃこで線を引くのもめんどくさいと思ってしまい、キルトを作るときに使う棒(なんてーのかな??)をミシンにさしてやってみたら、思いのほかうまくいきました。

1センチとか1、5センチ位までなら、送り歯のところに数字がついているので、それでできますが、5センチとなると、流石に無理で・・・(^_^;)

このミシンを使い出して15年(2代目)ですが、この棒を使ったのは初めてです(^_^)


これを作りながら考えてました。


和裁と洋裁の違いってどこだろう・・・と。


たくさんあるのですが、少し上げますね。



まず、まち針の使い方。

和裁は基本手縫い、洋裁も手縫いがありますが基本ミシンです。

すると、ミシン相手の時のまち針の役割と、手縫いの時のまち針の役割が違うんです。

和裁の時は、まち針は、チャコのような役割をします。
なので、打っているところ(針が布に刺さっている、もしくは出ている)ところをめがけて針を打ちます。
洋裁は、まち針は、基本布固定が目的です。

そうなると、まち針の打つ方向も違ってきます。

和裁は、自分に向けて針を打ちます。
ミシンは、自分よりも向うに向かって針を打ちます。





面白いですね(^_^)


もう1つ、考えてみますね。




角の取り方です。

これは、図にしたほうがわかりやすいので、写真で説明しますね。
20150608005927bcf.jpg

和裁は、角を縫わずに5mm程あけておきます。

20150608005915fe7.jpg

洋裁は、そのまま糸を切らずにミシンを走らせ、角の部分は、少しカットします。
これは、ひっくり返した時に、もこもこしてブサイクにならないようにです。

和裁の時は、どうしてカットしないのか・・・

塗っていない部分があるので、そこで布の遊びの場所が出来てます。
なので、モコモコにならない・・・という考えなんでしょうね・・・(^_^)


私は、どうしても、洋裁のやり方でなれているので、それにしてしまいます( ̄▽ ̄;)ハハハ・・・



残りの晒しが30センチ幅であったので、5センチ幅の2mのはちまちが2本出来上がりました。

かぶやんの学校のお友達~~ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
ハチマキ忘れたら、かぶやんに言いなよォーーー(´▽`)
早い者勝ちで1名様にプレゼントしちゃうよォーー(・∀・)b



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ルルベ☆彡

Author:ルルベ☆彡
大阪に古漬けかってなくらい住んでます。
4人の子持ち
(ミルモ(H7,7♀)
 カブヤン(H9,12♂)
 たこる(H13,1♂)
 かめきち(H19,3♂))
の6人家族です。
毎日楽しい事はないか考えるのが好きです(〃ω〃)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR